通信制高校の学費とサポート内容の違いとは

私立高校は学費が高額ですが、公立高校よりサポート内容が充実している

これに対して私立高校の通信制課程に進学すると、年間あたり25〜50万円の費用がかかります。
公立高校は経費のほとんどを税金で賄われているので入学金や授業料が低く抑えられていますが、私立高校は生徒が支払う入学金や授業料で運営されているので高くなってしまいます。
私立高校は学費が高額ですが、公立高校と比較するとサポート内容が充実しているという特徴があります。
私立高校の通信制課程はレポート課題の提出やスクーリングでインターネットを活用したコースが設置されていて、学校に通う回数が少なくて済みます。
自宅に居ながらレポート課題を提出したり授業に出席することができるので、通学のための負担を軽くすることができます。
これに加えて私立高校は公立高校と比べて教員によるサポートが充実していて、中学レベルの内容が理解できない生徒に対しても丁寧に分かりやすく教えてもらうことができます。
これに対して公立高校は授業料が低く抑えられていますが、レポート課題が紙ベースなので提出のために学校に行く必要があります。
授業の内容やサポートは最小限で、学習面で理解できない事があっても家族や知り合いなどから教えてもらうなどしてレポート課題をこなさなければなりません。
通信制高校で基礎的な内容も含めてきちんと高校課程の内容を学習したい人は、私立高校を選択した方が良いでしょう。
全日制高校であれば学費の安い公立高校を選択する人が多数派ですが、通信制課程であれば私立を選択する生徒のほうが多いという特徴があります。
この理由は、私立高校は基礎的な内容も含めて先生が丁寧に教えてくれからです。

社会人の大半は高卒以上の学歴を有している私立高校は学費が高額ですが、公立高校よりサポート内容が充実している高等学校等就学支援金を活用すれば学費のほとんどを賄うことができる